水虫予防のススメ 効果的な消毒方法とは?

スポンサーリンク



現代の日本において推定患者数は2,000万人を超えていると言われ非常に身近な感染症となっている水虫。

身近な感染症は多数ありますが、これほどまでに感染者が多く身近な存在と言える感染症派無いと言えます。

では、どうして水虫はこれほど身近な感染症となったのでしょうか。また、そんな水虫から自分を守るためにはどうしたらいいのでしょうか。

今回は水虫の予防そしてその方法などについて触れていきたいと思います。

 

身近な感染症:水虫

 

まず、水虫ですがその原因は主に白癬菌というカビの一種です。

食べ物などを置いておくといつの間にかカビが生えていると言うこともあるかと思いますが、白癬菌も同様にカビの仲間になります。

ではどうして数あるカビの中で白癬菌がこれほど身近な脅威となりえたのでしょうか。

その理由としては主に二つのことがあげられます。

一つ目は全てのヒト病原体の中で白癬菌を含む皮膚糸状菌が最も普遍的に存在するということです。

二つ目は皮膚糸状菌が人の表皮角質に高い親和性を持ち、それを安易に分解して栄養を獲得する能力を備えていることであると考えられます。

皮膚糸状菌はふつう鱗屑とともに家屋内や靴などに常在し、人の皮膚に付着すると数日以内に角質層に侵入して感染を引き起こします。

角質層に損傷がある場合、侵入はさらに安易になるとされています。

さらに、現在地球上で白癬患者がみられない地域はないと言われているほどです。

この部分を読んでいただいたら解る通り白癬菌は高度に人に順応した病原体であるということが伺えます。

 

スポンサーリンク
 

 

水虫の予防法

 

高度に人に適応した水虫ですが、ではどうすれば水虫を予防できるのでしょうか。

一般的な水虫の対策方法としては、

・足を清潔に乾燥させるようにする

・足をこまめに洗う

・毎日、同じ靴を履かない などがあげられます。

また、こまめに掃除を行って鱗屑などをまめに取り除いてやることも大切であると言われています。

水虫に罹っている部位から落ちた鱗屑には、白癬菌が付着・侵入している可能性が高いのでそう言ったものを掃除で取り除くことも重要です。

スリッパやバスマット・足ふきマットなどは白癬菌の温床となりやすいので、こまめに取り換え洗濯することや、共用を避けると言うことも対策の一つと言えます。

しかし、靴やスリッパなどこまめに水洗い出来ない場合やどうしても白癬菌が気になる場合などには殺菌・消毒を行う必要も出てくるかと思います。

続いてそんな場合に使用する水虫に対する消毒薬について触れていきたいと思います。

 

水虫の消毒薬その用法・容量

 

ここからは白癬菌に対する消毒方法。主に消毒薬に関する事を紹介しようと思います。

消毒薬に関して紹介する前に注意点があります。

注意
消毒薬は器物に対して使用するものです。絶対に水虫の患部に付けないでください

特にひび割れや患部がふやけている場合は危険です。

水虫の治療にはきちんとした治療薬を使用してください。

参考記事>>肌に使用できる薬用石鹸はこちら

 

これからご紹介する消毒薬はあくまで靴やスリッパ、マットなどに対して使用するものです。

まず水虫の原因である白癬菌は真菌なので、一般的な細菌などよりは消毒薬に抵抗性があります。

また、消毒薬は病原体そのものに対しては効果を発揮できますが、例えば鱗屑などの中に白癬菌が潜んでいた場合などではその効果が十分に発揮できない場合もあります。

そのため消毒をする際にはまずは拭き取りや掃除機等で鱗屑や皮膚片を取り除いてから行うと効果的です。

 

消毒用アルコール

 

白癬菌に効果が高い消毒薬としては消毒用アルコールと次亜塩素酸ナトリウムがあげられます。

消毒用のアルコールは主に風邪対策グッズとしてドラッグストアなどで売られている約70%に調整したアルコールです。

(アルコール消毒薬では約70%の濃度が最も消毒効果が高いと言われています。逆に100%の濃度では70%より効果が低下すると言われています。)

消毒を行うものに直接吹きかけるか、布に染み込ませて清拭します。

スリッパなどではティッシュやタオルなどに染み込ませて清拭する方法があります。

靴やマットなどの布類では十分量を吹きかけてその後、しっかりと乾燥させることが効果的です。

 

次亜塩素酸ナトリウム

 

消毒用アルコールよりも強力な消毒薬といえるのが次亜塩素酸ナトリウムです。

この名称では聞きなれないかもしれませんが、食器類の漂白剤や哺乳瓶の消毒剤に使われる成分です。

この消毒薬は0.02%程度に薄めて使用します。

(一般的な食器などの漂白剤は5~6%程度、哺乳瓶の消毒薬では1%程度の濃度となっています)

こちらも雑巾などに含ませて清拭するか、足ふきマットなどは水洗後、5分以上浸漬するのが効果的です。

次亜塩素酸ナトリウムの場合は特に刺激性が強いので換気を十分に行って、粘膜部分に消毒液が触れないようにする必要があります。

その他の注意点としては次亜塩素酸ナトリウムは腐食性が強いので、金属部分には消毒薬がつかないように注意する必要があります。

(金属部分に触れた場合は水洗・水拭きなどで消毒薬を落とす必要があります)

また次亜塩素酸ナトリウムは紙等の木製品に触れると効果が落ちてしまうので、清拭の際は必ず布類に染み込ませて拭くようにする必要があります。

次亜塩素ナトリウムの消毒薬を使用した後は、必ず水拭きか乾拭きもしくは水洗などを行って消毒薬が残らないようにする必要があります。

 

熱湯消毒

 

足ふきマットなどの消毒方法としてはこれらの消毒薬を用いる方法以外にも熱湯消毒を行う方法や蒸気をあてるという方法もあります。

カビなどの真菌は70℃で約5~10分の加熱で殺菌できると言われているので熱湯に浸すことやアイロンで蒸気をあてると効果的です。

特に消毒の範囲が小さな場合は蒸気による消毒があります。

アイロンから噴き出す蒸気を23分あてれば消毒効果を得られる温度になるとされています。

お湯や蒸気を使って消毒する方法は布類などの繊維質の物では繊維のダメージを少なく消毒することが出来るとも言われています。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

如何でしたか?

それぞれの消毒の方法・特徴を十分に考慮して使用することが消毒には重要です。

しかし、消毒薬には刺激の強いものもあるので使い過ぎに注意する必要があります。

白癬菌は非常に身近に存在している病原体ですがその特徴を理解して適切な対策を実施することが何よりの大切であると言えます。

あわせて読みたい記事







水虫で悩む女性の皆様へ

長年水虫で悩んだ当ブログの管理人が、実際にネットで評判の「つるりんマスターEX」を使用してみました。ぜひご一読ください!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です