水虫治療に効果がある漢方薬とは?

スポンサーリンク



水虫は一般的に、抗真菌薬など、主に西洋医学に基づく治療法や予防法が広く浸透しています。

今回は、少し視点を変えて、いわゆる東洋医学の代表格である「漢方」について、水虫に効果があるものはあるのかご紹介します。

そもそも漢方薬って何?

 

漢方薬は、自然界にある植物や鉱物、また菌類や昆虫などの生薬を、複数組み合わせて作られた薬です。

現代医学とは違い、まだ「医師」や「病名」といった概念のない約2000年前頃、国で完成されたのが漢方医学とされていますが、漢方の権威ツムラ順天堂や文献によっては日本が発祥としているものもあります。

いずれにせよこの漢方薬は、長い年月をかけて人々の治療の経験によって、古くから伝承されてきたものが現代の漢方処方として体系化されてきたものです。

東洋医学や漢方に特徴的なのは、疾病に対して、単に「内服するだけ」「塗るだけ」という現在日本の治療の多くにみられるスタイルでなく、

”気” 、””、 ”など、いわゆる「気」や血液の循環や、体温など個々の患者の身体全体のバランスを鑑みて、漢方薬によってカラダの内側から治していく、という考え方をもっています。

すなわち東洋医学の基本は、身体の自然治癒力を高め、そこに漢方薬を絡めることによって疾病をなおすという考え方にあります。

現在の漢方製剤も「自然の恵みを利用して出来ている薬」と言う基本的な部分は変わりません。

そして、このような歴史を持つ漢方薬の中で健康保険が適用される「医療用漢方製剤」は、今や148剤となっています。

ちなみに、「漢方薬は自然由来成分だから副作用はない」と思っている方もいますが、漢方薬も「薬」なので、西洋医学の薬剤と同様、副作用は存在します。

 

スポンサーリンク

 

漢方と保険検診の関係

 

日本の漢方薬の開発や販売は、何と言ってもツムラ順天堂が牽引してきました。

日本の保険診療は、永く東洋医学を認めてきておらず、これは現在の制度や法律においても名残があります。

例えば、病院や保険医が守らなければならない「保険医療機関及び保険医療養担当規則」 第17条(施術の同意)では、

「保険医は、患者の疾病又は負傷が自己の専門外にわたるものであるという理由によって、みだりに、施術業者の施術を受けさせることに同意を与えてはならない」

としています。

つまり、接骨院や、針、灸、あんま等の古来の東洋医学を否定し、保険医療機関で治療を完結させるべきであると言っている訳です。

接骨院や整体等でも健康保険が認められている所はあるのに、医師はそういうところに誘導をしてはいけない、と遠回しに言っている訳で、なんだか溝が深いですよね。

 

このような規制(差別?)は東洋医学である漢方にも向けられ、厚生省の審査を経て薬価基準に収載されたのは、わずか40年前の1976年なのです。

その最初に認められた漢方薬33剤は、全てツムラ順天堂の製品でした。

漢方薬にも同じようにジェネリックメーカーが多数存在しますが、漢方=「ツムラ」というほど圧倒的な存在感ゆえ、本記事は基本的にツムラ順天堂の漢方製剤の記載を参考にしています。

 

水虫に効く漢方薬ってあるの!?

 

数ある漢方の中で、水虫に対して「効果がある」と明記してあるのは

「十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)」と、「消風散(しょうふうさん)」2つだけでした。

 

水虫に効果がある漢方薬

「十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)」の効能:分泌物が少ない、可能性皮膚湿疹・急性皮膚湿疹の初期、蕁麻疹、急性湿疹、水虫。

「消風散(しょうふうさん)」の効能:分泌物が多く、かゆみの強い慢性の皮膚病、湿疹、蕁麻疹、水虫、あせも、皮膚掻痒症。

 

他の漢方外来を実施している医療機関などを見ると、越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)や治頭瘡一方(ちづそういっぽう)、麻杏薏甘湯(まきょうよくかんとう)、淸上防風湯(せいじょうぼうふうとう)、当帰飲子(とうきいんし)などの薬剤名が出てきますが、いずれも水虫は保険適応病名となっていません。

 

ただ、上記を見るとお分かりのように、漢方薬は複数の生薬から作られているため、効果がある疾病の数が多いのが特徴です。

漢方専門でやっている医師が実際に「越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)」などを処方しているのを考えれば、保険適応でない=効果がない、という事ではないと言えそうです。

 

さて、これらの漢方の効能書には

「1か月で変化が見られなかったら使用中止して、医師と相談して下さい」

と書かれているものがあります。

自己判断で病状を判断せず、必ず医師の監督のもと、治療してくださいね。

 

まとめ

 

さて、今回は漢方薬についての記事でしたが如何だったでしょうか。

水虫の治療は最新の治療薬が抗真菌薬であり、かつ、完治までに少なくとも数か月かかることが多いです。

よって、漢方薬単独での完治は難しく、他の療法と併用するのが良いと言えるでしょう。筆者の経験上ですが、漢方薬は通常、内科医師は処方したがりません。

漢方薬を試したい方は、「漢方外来」がある医療機関の受診をお勧めします。

ご精読ありがとうございました。

あわせて読みたい記事







水虫で悩む女性の皆様へ

長年水虫で悩んだ当ブログの管理人が、実際にネットで評判の「つるりんマスターEX」を使用してみました。ぜひご一読ください!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です